お尻のブツブツ 薬

お尻のブツブツに薬を賢く使って治す方法!

お尻にブツブツが出来て、困っている人もいるはずです。
どうやったらブツブツが治るか、薬を探している人もいることでしょう。

 

そこで、お尻のブツブルに効果がある薬を調べてみました。

 

 

皮膚科での治療

 

お尻にブツブツが出来たら、基本的には皮膚科に行きます。
経験豊富な皮膚科の医師の指示に従って、お尻のブツブツを治していきます。
皮膚科がよく処方する薬が、「リンデロン‐VG軟膏」です。
これは炎症を抑えるもので、合成副腎皮質ホルモン剤が入っています。

 

合成副腎皮質ホルモン剤は、一般的には「ステロイド」と呼ばれる薬です。
この「ステロイド」に抗生物質の配合剤を混ぜたのが、「リンデロン‐VG軟膏」です。
「ステロイド」は有名な薬で、湿疹などの炎症を抑えるのに抜群の効果があります。
塗った翌日に、綺麗になることもあるほどの即効性です。

 

 

そんなに簡単に治るの?

 

しかし、塗った翌日にブツブツがきれいに治るとは本当なのでしょうか?
皮膚科にまで行こうとした人は、今までいろいろな方法を試したはずです。
そして、それでもブツブツが改善しないから皮膚科に行ったことでしょう。

 

「ステロイド」を用いるのは、いわば対処療法です。

 

塗った時には、炎症やブツブツは落ち着いたように感じられるでしょう。
しかし、根本的には治ったわけではないです。
再発して、ブツブツがまた出来ることもあります。
処方されている限り、根気強く使い続ける必要があります。

 

しかも、「リンデロン‐VG軟膏」はステロイドの中でも、とても強い部類に入ります。
このように強いステロイドを使い続けると、抗体が築かれてしまう恐れがあります。

 

市販の薬でも、症状が軽い状態なら改善が期待できるでしょう。
ドラッグストアにも、薬剤師は常駐しています。
まずは、今の自分の症状を詳しく伝え、アドバイスに従ってみて下さい。

 

残念ながら、お尻のブツブツは治りにくいものです。
不規則な生活習慣を見直すことで、改善することもあります。
乾燥しやすい肌の人は、保湿ケアをきちんとすることが第一です。
しっかりとケアして、お尻のブツブツを解消しましょう。