お尻のブツブツ 原因

こういうことだったの!お尻のブツブツの原因とは?

お尻にブツブツが出来て、ショックを受けた人もいるでしょう。
お尻のブツブツは、なかなか治りにくいものです。
原因は何なのか、探している人もいるはずです。

 

そこで、お尻のブツブツの原因を、ご説明いたします。

 

 

皮脂の過剰分泌

 

お肌のブツブツの原因の一つに、皮脂が過剰分泌してしまうことがあります。
このブツブツの正体は、ニキビです。
ニキビは顔のイメージが強いですが、お尻もそうです。

 

ニキビの原因は、アクネ菌です。
アクネ菌が増えるのは、皮脂の過剰分泌や角質肥厚による毛穴の詰まりが深刻な場合です。
お尻は角質が分厚く、座ることでずっと刺激が与えられます。
つまり、ブツブツの発生の根本にあるのは摩擦なのです。
角質が厚くなると、毛穴が塞がり、アクネ菌は増殖します。

 

 

垢や皮脂の詰まり

 

お尻のブツブツの中で、比較的ポピュラーなものが粉瘤です。
皮膚の下に袋ができ、そこに垢や皮脂が詰まることが発生の原因です。

 

粉瘤は、出来る場所が決まっています。
一度治ったと思っても再発し、出来る場所も同じです。
粉瘤が出来る毛穴はくぼんでいる状態です。

 

 

洗剤やボディソープ

 

洗剤やボディソープは強い刺激力を持っていて、体への刺激が強いので湿疹などの原因になります。
デスクワークや運転など、長時間座っていることの多い人は注意が必要です。
座っている状態で汗をかくと、下着に付着した合成洗剤や柔軟剤が溶け出すことがあります。

 

また、お風呂椅子が原因になります。
椅子に座って、頭や体を洗うとシャンプーやボディソープが下に流れ、お尻に留まります。
これが、湿疹や炎症の原因となるのです。
すべてを洗った後で、できれば床までシャワーで流しておくと良いでしょう。

 

このように、お尻のブツブツの原因はさまざまあります。
改善策は、まずは生活習慣を規則正しくすることです。
また、お風呂ではしっかりとすすぐことです。
お尻に極力、刺激を与えない生活をおくりましょう。